はじめに

商売に絶対必要なものとは何でしょうか?

まず「商品」。これは絶対に必要です。商品とは単にモノだけでなく、美容室やコンサルティングのように、形のない「サービス」かもしれません。

次に「お店」。これは絶対に必要とは言えません。インターネットが発達した現在では特にその傾向が強くなりました。

「お金」。これはある程度必要かもしれません。まったくゼロというのは、かなりハードルの高いことですが、がんばれば、まとまった初期投資や運営資金なしに行うことのできる商売はたくさんあります。

「スタッフ」。特に雇用する必要はありません。不労所得的な仕組みがありますがそれを作り上げるまでは、少なくともあなたがスタッフです。

そして「お客様」。商品やサービスを買って頂くお客様がいなければ、少なくとも商売(経済活動)はできません。

大学では経営の3大要素を「ヒト・モノ・カネ」と習いますが、実際に商売に絶対に必要なもの(要素)、と言われれば、それは「商品」と、それを買って頂く「お客様」です。

このサイトをごらんになっている方は、少なくとも集客に興味を持っておられる方だと思いますが、いかにそれが大切かをまず知って頂きたいと思います。

まとめ:商売に絶対に必要なものは「商品」と「お客様」です。