次に、対象となるターゲットを明確にします。
ターゲットとは「どんな人に買って欲しいのか」ということです。

平日の来店数を増やしたいならば、例えば立地が公害であれば主婦層がターゲットとして想定できます。オフィス街なら、ビジネスマンやOLさんなどでしょうか。
忘新年会であれば、多くはサラリーマンや大学生など、さらにはそうした組織の幹事さんとなる人が決定権者ですのでターゲットとなります。
新商品のPRなら、お得意様も考えられますし、商圏内の商品のターゲットに合う消費者に広くPRしたいところです。

さらにに、ターゲットをなるだけ具体的にイメージしていきます。

どんな年代の人でしょうか、男性でしょうか、女性でしょうか、どんな仕事をしている人でしょうか、年齢・性別・職業だけでなくその人の好みやライフスタイルもイメージしてみます。

イメージすることは次の3つです。

1.どんな人が買おうと考えるのか。

健康を意識するナチュラル志向な人
小さなお子様をもつ主婦
時間のない忙しいサラリーマン・・・など

2.どんな気持ちのときに買おうと考えるのか。

大切な人へのプレゼントとして
気の合うお友達と
家族と一緒に・・・など

3.どうなりたいから買おうと考えるのか。

楽しい時間をすごしたい
ちょっと贅沢をしたい
節約したい・・・など

このように、商品・サービスの対象となる人や活用シーンを具体的にイメージしてみましょう。

まとめ:その商品を「どんな人に買って欲しいのか」を具体的にイメージしましょう。