企画案がまとまったら、それを消費者に知らせる媒体を考えます。

媒体にはそれぞれメリットとデメリットがありますので、目的・ターゲット・企画内容や予算・スケジュールにあわせて選択します。

商圏内に広く伝えることができる

・新聞折込チラシ・ポスティングチラシ

告知エリアや告知日を自由に選んで実行することができますが、制作・配布にコストがかかります。

・ミニコミ誌・フリーペーパー・新聞広告

コストは媒体によって違いますが、配布される商圏を比較するとチラシよりも割安に実行できます。告知エリアや告知日に制約があります。

・看板・交通広告

駅看板などは、ある程度の期間にわたり告知されるので、セールなどのタイムリーな情報提供には不向きです。

ターゲットを絞って伝えることができる

・DM

ターゲットに的確に伝えることができます。顧客情報が必要ですので、既存顧客向けのプロモーション向きです。

・Web広告

ターゲットに対して的確に伝えることができる広告として注目されています。タイムリーな情報提供には不向きです。

詳しく伝えることができる

・パンフレット・リーフレット

ある程度の詳しい情報をまとめて伝えることができますが、その分コストがかかりますので、告知の範囲に限界があります。

・ホームページ

相当量の情報を低コストで伝えることができますが、消費者が能動的に情報を取りにいかないと伝えることができません。

 

※以降の流れは、それぞれの媒体によって異なりますので、詳細は集客チャンネルの各コンテンツをご覧ください。

まとめ:目的・ターゲット・企画や予算・スケジュールにあわせて適切な媒体を選びます。